金野産業 〒104-0043 東京都中央区湊2-9-7
電話:03-3553-7421(代) FAX:03-3555-0577 E-Mail:info@konno-sangyou.co.jp

耐熱ベルト(耐熱300℃)「タイネストベルト」の制作・販売の金野産業(株)です。電話 03-3553-7421、東京都中央区湊2-9-7。耐熱性ベルトの「タイネストベルト」はアラミド繊維の応用製品で自動車用ゴム・半導体・ブラウン管・食品等の高温・高熱処理現場での効率アップに貢献。工業用ゴム製品・ベルト・合成樹脂製品の開発・製作・販売もしています。

| タイネストベルト | エンドレス処理 | 難熱性 | サイズ表 | カタログ(pdf) | お問い合わせ |
| サイトマップ | 営業案内 | 会社概要 | ご挨拶 | サーバー固定ベルト | リンク集 |
*カタログをご覧になるには、下記アイコンによるAdobe Acrobat Readerが必要です。


最新情報のご提供のバックナンバー   (HOME)
2017年1月30日
・アラミド繊維テイジン・コーネックスは耐熱性・難燃性・防炎性・保湿性等の優れた特性を備えた繊維です。
この特性を生かして、消防服・警備守衛用服・高電圧作業服・可燃爆発物用服・レーサー服等多方面にわたり活用されております。
この特性を生かした搬送用ベルトが「タイネストR・タイネストスペシャル・タイネストハイスペシャル」ベルトです。


2016.年10月18日
・難燃性、耐熱性を兼ね備えた「固定ベルト」は、公共のスペースや乗物の機器を止めるためのバンドとしてご利用頂いております。
また、アラミド繊維製・PBO製の耐切創性の固定ベルトも対応致しております。

2016年6月29日
・耐熱・高強度のアラミド繊維製「タイネスト-Tベルト」は鋼板のコイルの固定バンドにもご使用頂けます。

2015年12月28日
・今年もアラミド繊維製耐熱ベルト「タイネストベルト」をご利用頂き誠に有難うございました。
「熱」を加えながらいろいろな素材を加工する生産工程では、様々な条件が加わり充分ご満足して頂けない事もあるかと思いますが、
ユーザー様各位の声を頂きながら改良を加えて、ご満足頂ける製品をご提供するべく「2016年」も努力いたす所存です。
益々のご鞭撻をお願い申し上げます。


2015年7月15日
・<宇宙へエレベーターで行こう>との夢にチャレンジする競技会が2009年に始まり、今年が第7回目になります。
昨年まで行われてきた富士山の裾野が使用できなくなったため、今年は「福島県いわき市」で開催されることになりました。
<より高く・より早く>を目指して、8月11日(火)〜14日(金)の予定で出場チームが競い合います。
主催は「一般社団法人宇宙エレベーター協会・SPEC2015実行委員会」です。
弊社の1,300メートルの高強度ベルト=タイネスト-Tベルトが使用されています。

2015年7月13日
・温度の高い鋼材の結束に耐熱性・高強度の「タイネスト-T」がお役に立つことができます。
 → 耐熱=270℃、強度=500Kg/10o(2PLY)です。

2015年4月14日
・地震などの振動による機器・容器などの転倒を防止するための「耐熱製」「難燃性」を兼ね備えた機器固定ベルトをご提供できます。
小型のもの(25W)は標準在庫・大型のもの(50W)は受注生産品です。ラチェット付(35W・50W)も製作可能です。

2015年1月9日
・年が明けて寒さが厳しくなってきました。温度が下がるにつれて、相対湿度が下がり空気が乾燥します。
湿度が下がると火災が発生し易くなりますので、日々の生活の中で火の元への注意が必要になります。
耐熱性難燃性のアラミド繊維を使用したエプロンや腕カバーなどは、火災から身を守る道具として有効です。
<テイジンコーネックス製エプロン(CX182)・腕カバー(CX173)をご提供できます>

2014年12月4日
・寒波がやってきて、寒さが厳しくなりました。
このような寒い環境の中で作業するのは、健康の面でも作業性の面でも大変なことと思われます。
アラミド゙繊維高温だけでなく寒冷の中でも優れた繊維性能を発揮致します。
防寒服(マイナス200度)・寒冷作業服(F級マイナス60度)・高所寒冷地作業服などの他、耐冷手袋・耐冷靴も用意しております。

2014年9月1日
タイネスト-Tベルトを使用した「第6回宇宙エレベーターチャレンジSPEC2014」 が8月6日〜9日まで開催され、この様子が
NHK総合テレビにて放送されました・・・・・8月30日(土)11:30〜(23分間) 「目撃!日本列島」

2014年8月1日
・タイネスト-Tベルトが使用される宇宙エレベーター協会の競技会(8/6〜8/9)は、ヘリウムガスを詰めた直径5mのバルーン4個で
1,200mの天空から降ろされたタイネスト-Tベルト(又はロープ)を使用し、参加チームがそれぞれの技術を凝らした昇降機を昇り降り
させる大会です。
どの高さまで昇れるか、タイムはどの位で、降りるときの制御は・・・等各チームの発想豊かな技術が披露されます。

2014年7月29日
一般社団法人宇宙エレベーター協会>主催のSPEC2014第6回宇宙エレベーターチャレンジ競技会が、
今年も富士の裾野で開催されます。場所は静岡県富士宮市大沢扇状地、期日は8月6日〜9日(10日予備日)です。
高度1,200mに係留されたバルーンから地上までの「ロープ」及び「ベルト」を連続昇降する昇降機の
速度・重量・効率・到達高度・制御機能などの性能が競われます。
ベルトには、弊社のアラミド製高強度ベルト「タイネスト-Tベルト」が使用されます。

2014年7月17日
・金属検知器用のベルトの緊急接続用としてご利用いただける非金属継手「ウイブテック・レーシング」があります。
高耐熱繊維「ザイロン」で製織したループ状の継手です。
ベルト交換のために機械を解体せずにベルトを張り替えたい場合には、ウイブテックレーシングをご利用下さい。

2014年4月15日
難燃性のタイネストRベルトは、人の集まるデパートや遊戯施設などで間仕切り用のテープとしてご利用頂いております。
 (UL-94 V-0 5VAに適合)

2014年3月20日
・<タイネストRベルト>の難燃性について、UL-94 5V法のテストにて「UL-94 5V」に適合の結果が出ております。
 (一般財団法人/化学物質評価研究機構によるテスト)
 難燃性を要求されるベルトや固定ベルトにご利用下さい。(流出の危険を防ぐため、液体容器やドラム缶の転倒防止の固定用に)

2014年1月30日
・国土交通省認定の不燃材料の透明シートを提供出来ます。
溶接・熱切断ラインのパーテーション・クリーンルームの間仕切りとしてご利用頂けます。
<不燃材料認定番号「NM-2670」=ダンクリア(日東紡の登録商標です)光透過率=85%>

2013年12月31日
・耐熱のメッシュクロスが揃っております。
 1)ETFE製=高温(150℃)のふるい分けや薬品への耐性に優れています。(目開き=70〜2000μ)
 2)PEEK製=耐熱(〜250℃)耐薬品性に優れています。
  生物分解可能化合物のため廃棄時も環境にやさしい素材です。(目開き=35〜1000μ)

2013年11月1日
・アルミダイキャスト製品のダイキャスト直後の熱いワークの搬送に、ワイヤーネットコンベヤーが使用されますが、
金属同士が触れ合いますと製品に傷が付き、製品不良の発生原因になります。
有機繊維のアラミド繊維で構成されている「タイネストベルト」ですとこのような傷が付き難く、精度の高い製品の生産が可能です。
耐熱性・難燃性のタイネストベルトをお役立て頂ければ幸いです。

2013年8月13日
第5回宇宙エレベーターチャレンジの会(8月10日)に於いて、「チーム奥澤」の昇降機が見事「1,100m」の高度まで登る
という快挙を達成しました。

2013年8月1日
・第5回宇宙エレベーターチャレンジの会が、今年も8月上旬富士の裾野・大沢扇状地で行われます。
いつの日にか宇宙にエレベーターで行きたい、とバルーンに吊るされたテザー(ベルト)伝いに機器を天空に昇らせる競技会です。
チームごとにアイディアを競い合う夢の研究発表会です。昨年は最大800メートル弱の高さまで登りました。
今年から試みとして「見学会」を開催する事になりました。日時は2013年8月9日(金)です。
ご興味をお持ちの方は <一般社団法人宇宙エレベーター協会>にお問い合わせください。
天空のバルーンと大地を結ぶテザー(=ベルト)には弊社のアラミド製高強度ベルト「タイネスト-Tベルト」が使用されます。

2013年7月2日
・高温の製品をロボットの手が掴む時に、製品に傷をつけないようにロボットの手の平に人間の手の平と同じ感触の柔らかさが求められるケースがあります。耐熱・難燃素材のアラミド繊維製フェルトがそのお手伝いを致します。

2013年6月17日
・物の生産ラインでは熱を加えることにより、材料が安定したり、乾燥により製品が完成したりします。この行程で
温度が高いほど完成までの時間が短くなり、生産のコストが安くなるケースが多くあります。
弊社の耐熱ベルト=タイネストはこのコストダウンのお手伝いを致します。タイネストR・タイネストスペシャル・タイネストハイスペシャルは耐熱性と燃えにくい難燃性を兼ね備えているベルトです。

2012年7月18日
・一般社団法人宇宙エレベーター協会主催の「第4回宇宙エレベーター競技会」が8月1日〜8月7日まで開催される予定です。
 今年は20チーム余りの参加が見込まれていますが、目標高度は昨年の600mの2倍の1,200mを目指しています
 宇宙への足懸りのステップとして、大いに期待されています。

2012年6月27日
・地震が多発しております。
・クリーンルーム内のサーバー等の精密機器の倒壊を防ぐクリーンルーム用「機器固定ベル」(=クラス1,000)をご利用下さい。
 難燃性・高強度を兼ね備えたアラミド繊維製です。

2012年2月17日
・「エレベーターで宇宙へ往き来したい」との発想で研究を重ねている団体があります。
 <一般社団法人宇宙エレベーター協会>の方々です。宇宙エレベーター(軌道エレベーター)が実用化されれば、ロケットに較べれば
 費用が安く、だれもが宇宙へ行ける等のメリットがあります。
 昨年の8月に、第3回目の宇宙エレベーター技術競技会が富士の裾野で開催されました。
 昨年は宇宙エレベーターで600mの上空まで機材を上げるためのコンペが行われました。
 このエレベーター用のベルトに弊社の耐熱性・高強度ベルト「タイネスト-T」が使用されています。
 下記のサイトでその折の様子をまとめた「宇宙エレベーター技術競技会のプロモーションビデオ」を動画でご覧になる事が出来ます。
 →<一般社団法人宇宙エレベーター協会

2012年2月13日
・<溶融金属防護服>
 アラミド繊維とカーボン系素材を積層した熱遮断材料とで構成する溶融金属防護服があります。
 溶融金属の飛沫から作業者を守ります。1,000℃以上の溶融金属を被った場合でも、軽い水ぶくれ程度(火傷2度)で済みます。
 →テイジン「多層STMM服

2011年9月16日
・8月初旬に、富士の裾野で行われた第3回の宇宙エレベーター協会主催の技術競技会で、クライマー(機体)がベルト部門で
500m以上登ったチームがありました。 年々技術が向上しており、来年は1,000m以上を目指している由です。
弊社の高強度ベルト=タイネスト-Tベルトも研究者の方々のご要望に合わせるべくどのような仕様にするか検討中です。

2011年6月28日
・メタ型アラミド繊維=テイジンコーネックス熱に強いだけでなく、マイナス温度にも耐える繊維です。
液体窒素(−197℃)に浸し濡れた状態でも、その繊維特性が失われません。タイネストRベルトはこのアラミド繊維でつくられたベルト
です。(-200℃〜+270℃・MAX300℃にて使用可能です)

2011年4月13日
・オフィスや研究室・工場等のデスクには、コンピューターディスクやサーバーなど縦長の精密機器が立っていますが、震度5位の揺れによって倒れたり落下したりしてデータが破損することがあります。従ってこれらの機器を固定してより安全を期す必要があります。
耐熱・難燃性機器固定ベルトは地震発生時の振動だけでなく、輸送中の振動や揺れから精密機器を守るためにお役にたつ事が出来ます。

2011年2月9日
・ガスコンロやストーブなどを使用中に炎が衣服に燃え移る事故に注意が必要、との新聞報道がありました。
(2011.2.8.日本経済新聞夕刊)
特にお年寄りの事故が多いようです。衣類の種類にもよるとのことですが、まずは火の上に袖を出さない注意が必要ですが、
燃えにくい素材の衣服の着用も対策として有効です。
難燃性アラミド繊維で作られたエプロンの着用も対策として有効です。
難燃性繊維=コーネックス製の袖付きエプロンを用意しております。

2010年12月17日
・熱炉を通して製品を作ったり熱処理をする工程において、製品の頭出しをする作業は大変な作業です。
この作業のお手伝いをするのが「タイネスト-T」等の耐熱性ガイドベルトです。
常時炉の中に張り込んでおき頭出しする製品のガイド役を務めます。

2010年10月19日
・暑かった夏が去って、急に冷え込んできますと、火災が心配な季節になってきます。
住宅火災では高齢者が犠牲になるケースが多いといわれています。「台所のコンロから衣類の袖に火がついたり」「ベットの脇に置かれた暖房機から布団に火がついたり」「寝たばこの火が布団に燃え移ったり」といった原因が多いようです。住宅火災警報器の設置が進められていますが、高齢者は運動能力も遅くなっていますので被害にあうケースが多いようです。
・火災を予防することが第一に求められるのですが、火が付きにくい衣類や室内の装備で、火災を防いだり万が一のときでも被害を少なくする工夫も重要な対策です。
・アラミド繊維製の防炎毛布・防炎シーツをはじめ、耐熱腕カバーや耐熱エプロンも、火災の予防や被害を最小に留めるツールとしてお役に立っております。

2010年9月21日
・アラミド製の耐熱防炎シートや耐熱防災手袋・耐熱帽子・フェイスマスクなど熱を扱う現場作業の安全や作業効率を高める製品を揃えております。

2010年7月21日
・鉄道の線路が曲がるほどの暑さが続いています。線路の材料の鉄鋼の熱による膨張(線膨張係数)は合成樹脂と較べますと一桁小さいのですが、温度変化が20度〜30度にもなりますと曲がりが出てしまいます。鉄鋼の10倍近い線膨張係数のプラスティクスを、長い材料として使用する場合(チエンレールやチエンガイド)はこの伸びを吸収する工夫が必要です。超高分子ポリエチレン=ソリジュール(現:タイバー)のチエンガイドレールは隙間を開けて設置するか、逃げを設ける必要があります。因みにソリジュールの線膨張係数は1℃当り「2/10000」ですので、温度が20℃上昇すると1mで4ミリ長くなります。

2010年6月25日
・「溶融金属防護服」=1300度の溶融金属を被った場合でも人体側に貫通せず、火傷2度(軽い水ぶくれ)程度にとどめることが可能
 な防護服です。耐熱アラミド繊維「テイジンコーネックス」とカーボン系溶融金属貫通防止材の組み合わせにより実現した製品。

2010年6月2日
・耐熱ベルト(タイネスト-R)に「900幅」を標準在庫品ラインナップいたしました。

2010年4月9日
・桜の花も関東地方では今が盛りです。桜は冬の眠りから覚めた後、気温の累積が一定の温度に達すると開花するといわれています。
・我々の身の回りの物質も一定の温度と時間によって形作られてゆきます。金属も高分子素材も加工後の残留応力を少なくするためには、一定の温度の累積が必要です。
・タイネストベルトは、これら金属やプラスティクスの加工後の残留応力を取り除く為の高温熱処理=アニーリング処理を連続的に行う時のベルトコンベヤ用の耐熱ベルトとして、ご利用いただいております。

2010年3月4日
シームレスベルトについて
 ベルトを走行させますと、必ず屈曲を繰り返しますので、ベルトのジョイント部が屈曲に耐えられる必要があります。
 殊に高温領域で使用される耐熱ベルトのジョイントには工夫が必要です。
 高分子材料のバインダーでは高温に耐えるものがないため、標準のタイネストベルトは織り組織の糸を結束して
 エンドレス加工を行っております。
 一方、使用長さに合わせて織り上げる「シームレスベルト」はつなぎ目のトラベルが殆ど発生いたしません。
 タイネスト・シームレスベルトは高温領域で、小プーリーでも使用可能なベルトです。

2010年1月13日
・ソーラー発電装置のパネルや軽量のガラス板の熱処理用のベルトコンベヤに耐熱性のシームレスベルトタイネスト-TEベルトがツナギ目のトラブルがなく、お奨めです。

2010年1月4日
・新年明けましておめでとうございます。
 耐熱ベルト=タイネストベルトをはじめ、アラミド繊維を利用する事で「熱」を有効活用可能な搬送装置が実現可能です。
 例えば高温熱処理による生産時間の短縮や生産数量のアップなど、タイネストベルトはトータルコストを削減可能です。

2009年12月19日
・師走も半ばを過ぎて、全国から雪の便りが寄せられて来ております。
・メタ型アラミド繊維=テイジンコーネックスは耐熱性を持っている繊維ですが、それと同時に耐寒性と低い熱伝導性をも兼ね備えています。この特性を生かして「耐熱防寒服」が作られています。-60℃までのF級クラスのグレードから液化ガス防護用の「-200℃」クラスのものまであります。

2009年11月5日
・セラミック繊維(シリカ繊維)に特殊なコーティングを施した布で作った瞬間Max1,093℃に耐える手袋(5本指・ミトン)があります。
 商品名=「ゼデックスプラス」  サイズ=各28cm,35cm,58cm

2009年8月27日
・ようやく朝晩は涼しくなってきましたが、日本の夏は湿度が高い為、我々は実際の温度以上の暑さを体感しています。
 そのため夏場は疲労がたまり、体力が衰えて秋を迎える事になります。
・我々が身につける化学繊維のポリエステルやナイロンも湿熱が苦手で、飽和水蒸気130℃で100〜150時間程で繊維の形態
 がなくなってしまいます。
 タイネスト-Rベルトの主材のメタ型アラミド繊維=テイジンコーネックスは飽和水蒸気140℃・100時間では85%以上の強度を
 保持できます。
・乾熱下であれば200℃・1000時間でも80%以上の強度を保持します。
・メタ型アラミド製のタイネストベルトは熱に強く燃え難いベルトです。

2009年6月5日
・「クリーンルーム内での機器を固定するベルトを」とのご要望に合わせて、クリーン度「クラス1000」の機器固定ベルトを用意しております。
 (2m品・3m品)クリーンパックになっております。

2009年3月23日
・冷蔵庫内や寒冷地での極寒環境下での作業には、軽量で硬化しないメタ型アラミド=テイジンコーネックス製の防護服がお役に
 立てます。(-60℃=F級)  サイズ=M,L,LL,3L

2009年1月21日
・耐熱・難燃性丸ベルトのシームレス織りエンドレスベルトが製造可能です。
  径=φ2,φ3  長さ=1,620L〜9,000L 特注品です。
  素材=「高強度アラミド」または「ザイロン」

2008年12月22日
クリーンルーム仕様(クラス1000)の耐熱性・難燃性サーバー固定ベルトを2m物と3m物にて標準在庫しております。

2008年11月7日
・耐熱性・難燃性サーバー固定ベルトのクリーンルーム仕様「クラス1000」のベルトはクリーンパック包装にてご提供いたします。

2008年9月25日
・クリーンルーム対応の耐震用難燃性・耐熱性のサーバー固定ベルトが出来上がりました。(クラス1000)

2008年7月15日
・乾燥炉から発散する熱は、工場内の温度を上昇させ作業環境を悪化させると同時に、エネルギー効率も落としてしまいます。
有機質のメタ型アラミド繊維は耐熱性を有し熱伝導性が低いため、この繊維で織った布やフェルトを利用したカバーで乾燥炉を覆いますと、
工場内の温度上昇を抑えると同時に炉内のエネルギー効率も向上し、CO2の排出量も抑える事ができます。

2008年5月20日
・サーバーのデータや精密機器のシステムを地震発生時に守るための、難燃耐熱性機器固定ベルト標準在庫しております。
 (難燃性=UL94V-0相当  耐燃性=JIS K-6911 B法 V-0級)

2008年3月18日
・工場内の生産工程での加熱炉の省エネルギーを図る為には、断熱・保温・放熱防止等が必要とされます。耐熱性・難燃性に優れたメタ型アラミド繊維製の帆布・フェルト等を加工した保温カバーは、保温性に優れているため工場内の省エネに役立つと同時に、放熱による作業場の温度上昇を防ぎ、作業者の健康を維持し生産効率を高めることに役立っております。メタ型アラミド製帆布は、機械の形に合わせて自由に縫製加工が出来ます。

2008年2月7日
・建築工事中の火災予防のため「建築工事用シートの溶接及び溶断火花に対する難燃性試験」というJISの規格あります(JIS A 1323)。
PBO繊維ザイロン
でできた「ザイロンフェルト」は同規格のA種合格品・「ザイロン紡績糸織物」はC種合格品です。
A種は「厚さ9mmの火花発生用鋼板を溶断する時、発生する火花に対し、発炎及び防火上有害な貫通孔がないこと」とされています。
C種は「厚さ3.2mmの火花発生用鋼板を溶断する時、発生する火花に対し、発炎及び防火上有害な貫通孔がないこと」とされています。
(ザイロン
は東洋紡の商標です)

2007年12月30日
・溶接の火花などで火災が発生する事があります。炭素繊維製の難燃性・耐熱性シート「スパークガード」は、この火花やノロを受けても燃えたり溶けたりしない安全なフェルト状シートです。建築工事用シートの溶接及び溶断火花に対する難燃性試験=JIS A 1323のテストで最上位の「A種」合格品です。花火が使用される催し物のステージでも火災予防に利用されています。

2007年11月15日
・粉状の食品、例えば小麦粉・こしょう・粉状のコーヒーなどの生産工程で、搬送する手段として空気輸送があります。この空気輸送で不要になった空気を抜く為に布製のフィルターが利用されますが、食品が布に触れるため布の清潔さが要求されます。合成繊維でできたこのフィルターには、食品衛生規格に適合している事が要求されます。食品衛生規格適合のフィルター素材「テトロン9A−CL」帆布を用意いたしております。(厚生省告示第20号適合)

2007年9月5日
・搬送用ベルトは、輪に繋ぐことにより搬送物を連続的に運ぶ事ができますが、コンベヤを分解せずに補修用のベルトを入れ込む事が出来れば能率よくベルト交換が可能です。金属を嫌うコンベヤには非金属の高強度アラミド製ベルトジョイント=ウイブテックレーシングをお奨めいたします。

2007年6月1日
・超高抗張力・超耐熱性(400℃〜500℃)ベルト=タイネスト-ZEベルトに食品規格対応品をラインナップ致しました。
シームレス品にて非標準品です。製作可能寸法はサイズ表をご覧下さい。
食品の加熱処理用に。(厚生省告示20号・一般規格)

2007年5月1日
・高抗張力のパラ型アラミド繊維で織り上げた「タイネスト-Tベルト」は、一般の鋏やカッターナイフでは切り難い(耐切創性がある)ため、ベルト加工時には、特別に作られた鋏を利用しております。この特徴を生かして機密性の高い書類の結束などに利用されております。

2007年3月12日
・半導体等の高温処理用ベルトには、タイネスト-ZEベルト(シームレスベルト)がお奨めです。間欠的に高温がかかる場合は耐熱約500℃まで、常時高温であれば耐熱約400℃までの雰囲気でご使用いただけます。(シームレスベルトは繋ぎ目のないエンドレスベルトです)
・耐熱性と共に高難燃性を有していますので(LOI値=68)高温をかけても、火災の心配はほとんどありません。
・製作可能寸法  幅=10ミリ〜250ミリ 長さ=1,000ミリ〜6,500ミリ 厚み=0.4ミリ〜1.0ミリ

2007年1月15日
・寒に入って寒さが厳しくなりました。メタ型アラミド繊維のテイジンコーネックス熱に強いだけではなく、寒さにも強い繊維です。このテイジンコーネックスを主材にした冷凍庫作業用・高所寒冷地作業用防寒服(-60℃まで対応)や極寒(-200℃)に対応した耐寒冷服も用意しております。

2006年12月19日
・ザイロンは有機繊維では唯一「溶接及び溶断火花に対する難燃性試験」にて「A種合格」の性能を有しています。
 (2.5ミリ・フェルトにて=JIS-A1323)
・このザイロン繊維を使用した「タイネスト-Z」は耐熱性・難燃性に優れた特性を有しており500℃の環境で使用可能です。

2006年11月7日
・耐熱性・難燃性ベルト「タイネスト-Z」は500℃の雰囲気でも使用できます。
 タイネスト-ZはPBO繊維「ザイロン」を主材にした耐熱ベルトです。 *「ザイロン」は東洋紡の登録商標です。
・ザイロン
は、高強度(=42g/d) ・ 高弾性率(=1300g/d) ・ 高耐熱性(=650℃) ・難燃性(=LOI値68)に優れています。

2006年8月1日
・各種の環境負荷物質を含まないゴムシート(しかも食品規格適合)が出来ました。名称は「KANKYOゴム板」=オーサカゴム叶サです。
 1.欧州RoHS指令の対象物質は含みません。
 2.化審法対象物質・PRTR法対象物質・シックハウス対象物質を含みません。
 3.昭和61年厚生省告示第85号適合品です。
 4.厚み=1ミリ〜10ミリ  色=黒(硬度63度)・白(硬度67度)

2006年5月22日
・難燃性「UL規格」について
電気製品が生活資材として登場した当初は、粗悪品による火災が多発したため、アメリカの火災保険業組合が中心となって、1894年にデラウェア州法によって設立された非営利の団体が「UL」(underwriters' laboratories ink)です。このULの設立した試験所の認定を受けていない機器・部品から発生した火災については、保険金が支払わないという制度を作り上げました。今でもアメリカに輸出される電気機器には、このUL規格が適用されています。
 日本では、JIS K-6380にUL規格に準じたグレードの規格があり、電気機器に使用される高分子材料の難燃性の基準になっています。
(難燃性・耐熱ベルトのタイネスト-R・タイネストスペシャル・タイネストハイスペシャルはUL規格に適したアラミド繊維「テイジン・コーネックス」を主原料にして製作しております)

2006年3月15日
・人の体温
 *我々の体温は36.5℃前後ですが、インフルエンザなどで発熱しますと40度近くまで上がることがあります。また、雪山や冬の屋外などで長時間冷気に晒されていますと体温を奪われます。人間が生存できる体温は30℃以上40℃未満の限られた温度範囲とされているようです。
 *メタ型アラミド繊維マイナス百数十度からプラス二百数十度まで繊維としての機能を発揮できる高機能繊維です。このメタ型アラミド繊維で作られた「耐寒服」や数百度の炉前での作業でも人体を守る「防熱・防炎服」を用意しております。

2006年1月27日
・野生の熊の首に「タイネストTベルト」
野生の熊の生態観測をしている方から、市販のベルトでは強度が弱い為、発信機を取り付けた首輪が熊に食いチギラれてしまうので、高強度のベルトが欲しいとのご注文がありました。タイネスト-Tベルトは刃物でも容易に切れないパラ型アラミド=テイジンテクノーラを主材にした高強度ベルトですので、これをお奨め致しました。生態観測のお役に立つことを期待しています。

2005年12月7日
・暮れには、あちこちで餅つきが行われます。かつては餅つき用の臼といえば、太い木をくり貫いて作られたものでしたが、今日では耐摩耗性と非粘着性を兼ね備えた超高分子量ポリエチレン=ソリジュール製の臼や杵が多くなっています。樹脂にすることで、大きく育った木を切り倒さず、環境に優しい正月行事が行われています。
ソリジュールは「超高分子量ポリエチレン」と呼ばれるエンジニアリング・プラスチックで、耐摩耗性・自己潤滑性(低摩擦係数)・耐衝撃性・耐薬品性・非吸水性・非付着製・耐低温性等に優れています。

2005年10月11日
・アスベストによる健康被害が心配されています。アスベストは「永久不滅の」という意味のギリシャ語に由来する無機質の耐熱素材です。熱に強いアスベストの代替素材として自動車の摩擦材(ブレーキ)にパラ型アラミド繊維(有機繊維)が利用されています。パラ型アラミド=テイジン・テクノーラを材料にした耐熱ベルトが「タイネスト-T」ベルトです。

2005年8月31日
・猛暑の夏でも極低温での作業が要求される現場があります。LNG=液化天然ガスを扱う現場です。LNGは-160℃以下で保存・輸送されます。この極低温の液体の飛散や着火から、万が一の時に人体を守るための「耐冷服」は耐熱性や難燃性をも備えたメタ型アラミド繊維を主体にした多層構造の作業服です。メタ型アラミド繊維=帝人コーネックスは耐熱性・耐寒性を併せ持つスーパー繊維です。

2005年7月28日
・ロッテルダム条約化学物質暫定調査委員会が世界保健機構(WHO)に対してクリソタイルアスベスト(白石綿)の代替品として、優先的に評価するべき繊維として十数種の繊維を列挙していますが、耐熱性や高強度が評価されて、この中にパラ型アラミド繊維が入っています。パラ型アラミド繊維はその耐熱性や高強度の特性を生かして社会生活にお役に立っております。

2005年7月1日
・定温動物である我々人間の体温はおよそ36〜37℃で、外界の大きな温度変化には対応出来ません。
メタ型アラミド繊維=テイジン・コーネックスは、-150℃以下の低温でも脆化せず、+250℃の高温でも長時間強度を保持する耐寒性,耐熱性を有する特性を生かして、人体の安全を守る為に寒冷作業服や炉前作業服として活躍しています。
・また、搬送用のベルトに応用して、高温の製品や高温下でのワークの搬送にご利用頂いております。

2005年5月20日
・青空に舞う「パラグライダー」のロープ(サスペンションライン)にはパラ型のアラミド繊維製のものが多く使われています。パラ型のアラミド繊維は伸び縮みが少ないこと、引っ張り強度があるためです。
・パラ型アラミドで出来ている「タイネスト-Tベルト」も伸び縮みの少ない耐熱ベルトです。

2005年4月22日
・衣服の「表面フラッシュ」について
ガスコンロやライター・マッチ等の炎が衣服の表面の毛羽に燃え移り、衣服全体に瞬間的に炎が走る現象を「表面フラッシュ」と呼んでいます。毛羽の多い木綿や可燃性のセルロース系の繊維(レーヨン等)で作られた衣服に多く見られ、髪の毛や眉を焦がすことがあり、大きな事故につながるケースがあります。ご家庭の台所や火(炎)を扱う現場では注意が必要です。
アラミド繊維で出来た耐熱難燃エプロンや耐熱難燃腕カバーは表面フラッシュから身を守るのにお役に立つことが出来ます。

2005年4月7日
・食品の安全性についての関心が高まってきています。
食品の製造工程に使用される機器(器具)については、食品衛生法では「清潔で衛生的でなければならない」と規定されており、有害な物質が含まれたり付着している器具や、健康を損なう恐れのある器具を使用してはならないとしています。この法律に基づく厚生省告示(昭和34年370号等)により合成樹脂の検査項目(カドミウム・鉛・フェノール・ホルムアルデヒド・亜鉛等)が規定されています。
タイネストベルトの素材のアラミド繊維は合成樹脂の範疇に入りますので、食品の製造ラインで使用されるものについては食品規格対応の「タイネスト-RD」を用意しております。

2005年3月14日
・町の消防団が着用するものの中には、江戸の町火消しが使用していた刺子半纏(さしこはんてん)と呼ばれる、分厚い消防服が今でも見られますが、正規の消防隊員やレスキュー隊の方々の着用する服は、現在ではアラミド繊維を主体とした耐熱性・難燃性のものが使用され、消火作業や救出作業に携わる方々の安全に寄与しています。

2005年1月24日
シームレスベルトの生産方式は2通りあります。
1つは、古代から使用されている機織り方式で、はじめから幅と長さを決めて織ります。この作り方ですとベルトに耳がありプーリーとの摩擦でのホツレの心配は少なくなりますが、量産には向きません。
2つ目は、ベルトの長さに合わせて織物を袋織りにし、これをバインダーで固めて筒にして、希望の幅にスリットする方式です。この方式は量産ができ、コピー機や自動改札機のベルトに使用されています。

2004年12月22日
・カーレーサーやパイロットが着用するスーツはメタ型アラミド繊維で作られています。メタ型アラミド繊維=帝人コーネックスは耐熱性・防炎性に優れ、炎に接しても着火せず、溶融することもないため、万一事故などで燃料に着火した場合でも、短時間であれば人命を保護出来るからです。タイネスト-R、タイネスト・スペシャル、タイネスト・ハイスペシャルはメタ型アラミド繊維で作られています。

2004年11月18日
・災害時に活躍するレスキュー隊の服は、視認性が高いとされる「オレンジ色」になっています。このオレンジ色の服は、火災時の熱に強く、燃え難い(難燃性を有する)メタ型アラミド繊維で作られています。
タイネストR、タイネスト・スペシャル、タイネスト・ハイスペシャルベルトは、このメタ型アラミド繊維=帝人コーネックスが使用されており、難燃性・耐熱性はもとより自己消火性を有するベルトです。他のベルトと識別するため、オレンジ色のステッチをベルト表面に入れております。

2004年10月22日
UV(紫外線)を照射してインクや塗料を短時間で乾燥させるUV乾燥機向けのベルトとして、「タイネスト-S」を用意しております。

2004年10月13日
・ベルト上で熱を加えて、食品や食品原料を加工する工程に使用されるケースがありますが、弊社の耐熱ベルト「タイネスト-RD」は、食品・添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示台370号)の、合成樹脂製の器具又は容器包装に準じたテストに合格しております。
 
2004年9月29日
・「ギリシャ」と「プロメテウスの火」
発祥の地ギリシャで開催されたオリンピックも閉幕し、メタルを胸にしたアスリート達の笑顔に勇気付けられる思いの暑い夏でした。
ギリシャ神話では、この地上の生き物の中で弱い「人類」が生きていけるようにと、人間を作った「プロメテウス」が神々の目をぬすんで、オリンポス山から持ってきた「火」を人間に与えてくれたことになっています。まさに我々人類は火や熱を様々なエネルギーとして利用し、今日の文化を築いてきました。しかし一方で火や熱を疎かに扱いますと、尊い人命や財産が失われることがあります。
火や熱を上手に利用して頂くために、難燃性や耐熱性を兼ね備えたアラミド繊維製品を用意いたしております。

2004年9月24日(金)
・「完全エンドレスベルト」(シームレスベルト=つなぎ目のないベルト)耐熱性・難燃性・自己消火性ベルト
シームレスに織ったベルトでつなぎ目のないベルトです。ジョイント部分のトラブルが少なくなります。また振動を嫌う場合にお奨め致します。製作寸法に制限がありますので、弊社あてお問合せの上、仕様決定して頂くようお願いいたします。

2004年9月8日(水)
・浅間山が噴火したり、地震が各地で頻発しています。データの安全性を確保するために、サーバーは難燃性の「サーバー固定ベルト」でラックにセットすことを、お奨めします。

2004年9月1日(水)
高強度ベルト(タイネスト-T)の強度について
・高強度ベルトに使用されているバラ型アラミド=帝人テクノーラ糸は「1デニール当り28g(28g/d)」とポリエステル(9.2g/d)やナイロン6(9.4g/d)の約3倍の強度を有しています。
・化学繊維の太さは、恒長式で表現されますが、簡単に表現しますと、単位重量1gを基準長9,000mまで伸ばしたときに、この糸の太さを「1デニール=1d」と呼びます。因みに繭から取れる絹糸の太さは平均「3d」とされています。(非常に細いために肌触りが良いとされています)
・化学繊維の糸の強度はそれぞれの繊維について、デニール当り何グラムと現されます。1d当り28gもの強度がありますと普通の鋏では簡単には
切れません。この特性を生かして耐切創性の手袋も作られています。
・因みに、弊社のタイネスト-Tのカットには、超硬のカッター刃や超硬の鋏を使用しております。

2004年8月18日(水)
耐熱性について
・耐熱性高分子を繊維化したメタ型アラミド繊維は次のような特性があるため、「耐熱性がある」とされています。
 1.高温での繊維性能保持がすぐれている。
 2.高温での寸法安定性がすぐれている。
 3.高温下での繊維特性保持が長い。
これは、熱による分解点やガラス転移点が高く、酸化による分解速度が遅いためです。タイネストRベルトの主材料のメタ型アラミド繊維のテイジンコーネックスは、高温下でも溶融せず、400℃近辺から分解・炭化が始まるとされています。このようなことから、タイネストRベルト・タイネストスペシャル・タイネストハイスペシャルは耐熱性・難燃性自己消火性を有しています。

2004年8月2日(月)
・「LOI値」とは(難燃性・自己消火性の目安について)
・物質が燃焼を持続するためには、その物質が熱によって分解してガスが発生し、一定量の酸素が供給される必要があります。この時どれだけの酸素を必要とするかを体積分率で指数化したものが「LOI値」です。一般に一気圧下の空気中の酸素の比率は約21%とされていますが、燃焼を持続するために必要な酸素濃度の数値の大きいものほど燃え難い(難燃性がある)ということになります。LOI値が26以上の素材は熱源がなくなれば、自ずから消える自己消火性があるとされます。弊社のタイネストR・タイネストスペシャル・タイネストハイスペシャルのLOI値は29〜32です。

2004年7月22日(木)
・暑い日が続いています。暑い時にはVベルトの張りをチェックして適正な張りを与えて下さい。高分子材料で出来ているVベルトは高温になると、伸びる傾向にあります。伸びによってスリップ率が高くなると、スリップによる発熱と気温の上昇による温度とが相乗的に作用して、Vベルトの破断につながります。

2004年7月14日(水)
マイクロ波による乾燥機の場合には、ベルト上に金属片などが混入しない工夫が必要です。機械に取り付けられているボルトなどか落下してワークに混入しますと、スパークが起こりベルトが焦げることがあります。

2004年7月6日(火)
・タイネストベルトの主材料テイジンコーネックスとカーボン系溶融金属貫通防止材料との何層もの組み合わせによって、1300℃の溶融金属を被った場合でも、軽い火傷程度に止めることができる「溶融金属防護服」が開発されました。炉前での作業に適しています。

2004年6月28日(月)
・金属検知器用の耐熱ベルト・タイネストベルトの現場ジョイントにはパラ型アラミドで織り上げた布製のレーシング「ウィブテックレーシング」が適しています。

2004年6月23日(水)
・タイネスト−Tに使用されているパラ型アラミド繊維 (テクノーラ) は、ポリエステル繊維の数倍の強度を有しています。6φのロープで約3,000kgの破断強度があり、同一重量であれば、金属性ロープの7倍の強度があるので、装置の軽量化に有効です。また、耐カット性に優れているため刃物を使用する現場では防護手袋として、また耐衝撃性が高いため防弾材料としても利用されています。

2004年6月17日(木)
・耐熱ベルト「タイネストR」「タイネストスペシャル」等のメタ型アラミド製のベルトは、耐熱性のみならず耐寒性にも優れており、-100℃でも脆化することはありません。-200℃の環境でも使用可能な耐寒服もあります。

2004年6月11日(金)
・アラミド繊維の耐熱ベルト・難燃性ベルト「タイネスト-RD」は厚生省告示台370号の食品衛生規格をクリアーしています。

2004年6月9日(水)
・コンベヤーが何らかの事情で停止した場合には、熱源も停止するように設定して下さい。遠赤外線のランプがついたままですと、耐熱ベルトとはいえ焦げる場合があります。

2004年6月7日(月)
・カラー鉄板の印刷後の高温による乾燥工程には、インクの溶剤に強いパラ型アラミドの耐熱・高強度ベルトタイネスト-T」ベルトが適しています。

2004年6月4日(金)
・塩化ビニールやポリエチレンの押し出し工程では、ワークの温度が180度前後になりますが、耐熱性ベルト「タイネスト-R」をご利用いただきますと、ベルトの消耗が極端に少なくなり、ランニングコストが安上がりです。また、塩ビの可塑剤にも耐性がありますので、ベルトは長持ち致します。

2004年6月3日(木)
・超耐熱・超高強度のスーパー繊維「PBO」(耐熱500℃)製のタイネスト-Zベルト」も特注品としてラインナップしております。

2004年5月31日(月)
マイクロ波による乾燥機にも、難燃性・耐熱性ベルト「タイネスト-Rベルト」をご利用頂けます。

2004年5月28日(金)
・大型の連続乾燥機において、製品の頭だし作業には耐熱・高強度アラミド製「タイネスト-T」ベルトが有効です。乾燥機内に常時セットしておくことによって、瞬時に頭だしが可能です。

2004年5月26日(水)
・連続加硫機のガイドベルトには、35ミリ幅のパラ型アラミド製「タイネスト-T」が最適です。

2004年5月24日(月)
・難燃性・耐熱性アラミド繊維の耐熱・自己消火性帆布(3種類=0.18T・0.55T・0.8T)も用意しております。

2004年5月20日(木)
・「難燃性コンピュータ固定ベルト
 ’95年の阪神大震災の折に、コンピューターやサーバーが飛んでしまったり倒れたりした事で、データーが破壊された事例が多くあった事から、難燃性で強度を備え持った耐熱ベルトで、サーバーなどを固定するように行政当局が奨励しています。弊社の「サーバー固定ベルト」は、これらの機能を備えているベルトです。(カタログ4ページの写真をご参照下さい)

2004年5月19日
・「難燃性」について
 一般的に乾燥工程の効率を上げるためには、乾燥温度を上げたいのですが、可燃性の素材を使用したラインでは火災が心配されます。難燃性の基準に「LOI値」があります。LOI値=限界酸素指数が26以上の素材は「難燃性がある」とされています。弊社のベルト=タイネストR・タイネストスペシャル・タイネストハイスペシャルの素材のメタ型アラミドは、このLOI値が29〜32で、難燃性・自己消化性を有しております。その上250℃以上(コンベヤの構造によっては300℃でも使用可能)の高温にも耐えますので、加工温度を上げることで生産に要する時間が短縮でき、効率アップが可能になります。

2004年5月17日
・「UL規格」について
 UL規格は、1894年にアメリカの火災保険業者組合が中心となって設立した安全保証機関が制定した安全に関しての制度です。「UL94」はプラスチックの燃焼性に関する規格で、トップページの中程の写真のようにバーナーでサンプルを燃焼させバーナーの火元を取り去ってから何秒でサンプルが消火するかによって、難燃性のグレードを決めることになっています。難燃性の高い順に「94V-0」・「94V-T」・「94V-U」・「94HB」とランクづけされます。「94V-0」は上記の消化時間が最大10秒以下・平均5秒以下とされています。因みに「タイネストR」「タイネストスペシャル」「タイネストハイスペシャル」は「UL94V-0」に相当する難燃性を有しています。

2004年5月13日(木)
・熱風による「シュリンク包装機」用のベルトとして最適です。

最新情報のご提供のページ(トップページ)へ

金野産業株式会社 
〒104-0043 東京都中央区湊2-9-7 TEL 03-3553-7421(代) FAX03-3555-0577 E-Mail:info@konno-sangyou.co.jp

| タイネストベルト | エンドレス処理 | 難熱性 | サイズ表 | カタログ(pdf) | お問い合わせ |
| サイトマップ | 営業案内 | 会社概要 | ご挨拶 | サーバー固定ベルト | リンク集 |
*カタログをご覧になるには、下記アイコンによるAdobe Acrobat Readerが必要です。

このページのトップへ

Copyright © 2003  KONNO SANGYO. All Rights Reserved